自分もアプリを作ってみたいと思ったら

アプリで儲ける事が出来る事を知り、自分でもアプリを作ってみたいと思ったら、まずアプリを知る事から始めてみましょう。

普段ほとんどアプリを使用しないという人であれば尚更です。

無料アプリもたくさんあるので、無料で人気のアプリを複数使用してみて今どんなアプリが人気があるのか調べてみましょう。

そしてアプリを使って、もっとこんな機能があったら便利なのに、自分だったらこうゆうアプリを使いたいな・・・とアイデアを練りましょう。

アイデアが固まっても、そのアイデアはもうすでにアプリとして存在する可能性があります。

それはそうです、すごい数のアプリが存在するのですから似ているアプリがすでにあったとしても不思議はありません。

むしろ誰にも思いつかなかったような画期的なアイデアがそう簡単に思い浮かぶわけがありませんよね。

ただ似ているアプリがあってもそれよりも何か1つメリットがあればあなたのアプリの方が売れる可能性だってあるわけです。

アイデアを練る事がアプリを作る上で一番大切な事です。

あとはその作ったアプリは有料で本体価格で利益を出すか、もしくは無料で広告収入で利益を出すか選択してください。

これはアプリの内容にもよると思います。

毎日チェックしたくなるような内容のアプリであれば起動回数が多くなるので無料で広告収入にした方がたくさん稼ぐ事が出来るでしょう。

広告は収益性の高いモノを複数組み合わせる事で効果的に稼ぐ事が出来るでしょう。