明確にするアプリを作る流れで時間をかけない

アプリはどのような流れで作っていくものなのでしょうか?

アプリを作るのが初めてで何からしたらいいのか分からないという人に簡単に説明したいと思います。

まずアプリを作る上で大切な事は目的を明確にする事です。

一目見てそのアプリは、どうゆう内容のアプリなのか分かりやすくする必要があります。

長い説明文を読まないとそのアプリの内容が分からない・・・・なんてアプリを手に取って説明を呼んでくれる人なんていません。

これだけたくさんのアプリがリリースされているのですから大企業が広告費を出して発売すれば目立ちますが、一般人がリリースしたアプリだとすぐに埋もれてしまうので、とにかく目的が分かりやすく一目で気に入ってもらえるようなアプリを作りましょう。

そしてアプリは時間をかけて作ればいいというわけではありません。

せっかくどんなアプリが人気があるのか市場調査して目的を決めても流行のサイクルが短いのですぐに終わってしまいまうs。

それにアップルのプラットフォームがどんどん使い勝手がよく進化しているので、作るのに時間がかかっていたらプラットフォームに適応出来なくなってしまいます。

もちろん急いで不完全でミスの多いアプリを作れば信用問題に関わってしまいます。

いくら無料アプリだったとしてもミスが多いアプリでは不満が爆発してしまいます。

そのため試用は必ずしましょう。

そして少なくともメイン部分だけはミスがないように心がけましょう。

後はアプリをリリースした後に新規機能をどんどん追加し製品の品質をアップしていくとさらにいいでしょう。

アプリ広告の種類や内容

アプリを作って無料でリリースし、広告収入で稼ごうと思っている人も少なくないと思います。

では広告収入にはどのようなものがあるのかいくつか紹介したいと思います。

まず一番多いのはバーナー広告です。

画面の上部や下部にバーナーが表示されていて、そのバーナーに興味を持ち詳細が知りたいと思った人がクリックする事で利益が発生します。

これはパソコンサイトでもよくある広告ですが、広告を出している会社によって利益が変わってくるでしょう。

アダルト系の広告の方が利益は高くなりますが、ただアダルトNGなサイトも少なくないのでアプリの内容によってアプリを利用する客層が異なります。

その客層を考慮した上で広告内容を選ぶといいでしょう。

リッチアド広告は静止画や文字と写真だけの広告とは一味違います。

動画になっていて見て楽しい広告です。

ちょっとしたゲームになっているリッチアドもあります。

リッチアドもクリックされる事で利益が発生する仕組みですがその単価はバーナー広告よりも高額になります。

リワード広告は広告を見た人がそのまま商品を購入する事で利益が発生する広告です。

アフィリエイトをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

ただしリワード広告はシステムが複雑なので載せるのが難しいというデメリットもあります。