アプリ広告の種類や内容

アプリを作って無料でリリースし、広告収入で稼ごうと思っている人も少なくないと思います。

では広告収入にはどのようなものがあるのかいくつか紹介したいと思います。

まず一番多いのはバーナー広告です。

画面の上部や下部にバーナーが表示されていて、そのバーナーに興味を持ち詳細が知りたいと思った人がクリックする事で利益が発生します。

これはパソコンサイトでもよくある広告ですが、広告を出している会社によって利益が変わってくるでしょう。

アダルト系の広告の方が利益は高くなりますが、ただアダルトNGなサイトも少なくないのでアプリの内容によってアプリを利用する客層が異なります。

その客層を考慮した上で広告内容を選ぶといいでしょう。

リッチアド広告は静止画や文字と写真だけの広告とは一味違います。

動画になっていて見て楽しい広告です。

ちょっとしたゲームになっているリッチアドもあります。

リッチアドもクリックされる事で利益が発生する仕組みですがその単価はバーナー広告よりも高額になります。

リワード広告は広告を見た人がそのまま商品を購入する事で利益が発生する広告です。

アフィリエイトをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

ただしリワード広告はシステムが複雑なので載せるのが難しいというデメリットもあります。