アプリのゲーム開発にかかるお金などの維持費について

アプリのゲームを開発してリリースしようと思ったらどれぐらいのお金がかかるのでしょう。

例えば企画のみをあなたが決めて、その企画に沿ってデザインやリリースの代行までの一連の作業を外注という形で依頼する場合ならプロに依頼するため人件費が高くなり200万円~300万円ほどかかるでしょう。

ただもう少し小規模なものでいい、戦闘などの激しい動画が売りのゲームではなく、恋愛シュミレーションなどの動きの少ないものであれば100万円程度から開発する事も可能でしょう。

大規模なものであればリリースまでにかかる費用に加えて、ゲームを売るために宣伝費や、メンテナンス、サーバーなどのコストと人件費をプラスすると年間で1000万円をかかる維持費がかかってしまいます。

これで一発ヒットが出れば大きく利益を出す事も出来ますが、逆に全く売れなかったら大きな赤字になってしまいます。

そのためゲーム会社のベンチャー企業などの業績は本当に浮き沈みが激しく、ヒットが出ればシリーズ化しヒットを長期化する努力をしますが、そればかりが売れて新しいゲームがヒットしなければどんどん尻つぼみになってしまうというわけです。

しかしアプリゲームの開発は何も低予算だったら面白いゲームが作れないというわけではありません。

もちろん予算はあるに越した事はありませんが、少ない予算でたくさんゲームをリリースする事で利益を出す事も可能です。

また予算をかけてじっくりと開発し、年間に1本だけのリリースであってもそれが爆発的なヒットになる可能性もあり、どちらも正解なのです。

さすがにゲームのアプリは個人が副業で作るには無理がありますが、例えばゲームが大好きな大学の友達数人とベンチャー起業を立ち上げてゲームをリリースするなんて事は可能だと思います。

ゲームをする世代と同世代である事や、ゲーム好きの観点から見てゲームが作れるのでアイデア次第ではすごいゲームアプリの開発が出来るかもしれませんよね。

チーム全員ならシンプルにプロトタイピングが必要

チームでアプリを開発、作成していくためにはプロトタイピングが必要です。

プロトタイピングがある事でチーム全体の認識度が把握され後から問題点が見つかったり、その問題点のために修正する時間がとられて作業が大幅に遅れる事になるという事がないからです。

図や定義だけでチーム全員が完成図がしっかり理解出来るとは限りません、経験や知識のある人ならゴールが見えていますが、ゴールが見えないまま作業していると後からその方向性が間違っていたと気づく事もあるからです。

その軌道修正がプロトタイピングの役割かもしれません。

プロトタイピングには実際に動くアプリで実現する方法と、画像や紙をつかう方法、簡単なプログラミングを使う方法があります。

どの方法を用いても構いませんが、全員が共通した完成図を持てるようにプロトタイピングを作る必要があります。

またアプリを開発、作成するうえで陥りがちな間違いなのですが、それはアプリっぽいものを作りたいと思ってしまい事です。

アプリを作るんだからアプリっぽくて何が悪いの?そんなふうに思われるかもしれませんが、それであれこれと機能を増やしてしまったらどうなるのでしょうか?

機能が少なすぎるのなら問題だけど機能が多すぎる分には構わないのではと思うかもしれませんが、複雑すぐて使いずらいというのは携帯の時もありましたよね。

そしてシンプルな機能だけで十分だとシンプル機能のものが売れたりります。

つまりアプリにあれもこれもと求めているわけではなく、欲しい機能だけがついたアプリの方が使い勝手がいいというわけです。