iPhoneアプリを作るために準備する

iPhoneアプリを作るために準備するモノには何があるのでしょうか?

まずアプリを作ったり、作ったアプリを提出するための作業にマック本体が必要になります。
パソコンはWindowを利用しているという人も多いと思いますがiPhoneアプリはアプリの会社に提出するために様式がマックならではないと提出出来ないのです。
これを機にノートパソコンでも構わないのでマックを購入する必要があります。

また出来ればマックのタブレット端末もあった方が都合がいいでしょう。
作ったアプリを起動させる時にノートパソコンからとタブレットからそれぞれ動作確認をする事が出来ればミスを減らす事が出来るからです。

そして準備出来たら次はいよいよ登録作業です。
アプリをリリースするためには「アップルデベロッパ」と「iOSデベロッパプログラム」に事前に登録しておく必要があります。
アプリを複数で作っているという場合は技術ドキュメントやダウンロードなどの作業にアップルデベロッパが必要となるので作業スタッフは全員登録しておきましょう。
登録は無料で出来ます。

そして法人用のプログラムの場合は個人のアップルIDでは使用できません。きちんと法人用のアップルIDを改めて作り直して下さい。
起業の場合は実在確認の書類が必要となります。
アップルはアメリカに本社を置く企業なのでドキュメントが英文で書かれているため正直英語が苦手は人は敬遠しがちです。
ただ最近は日本語版っも入手できるようになってきたので英語が出来なくてもアプリを作る事、そして登録する事に問題はありません。